Goods Back
My
連載第62回
僕が愛用のコムパクトストウヴは、ボルドバーナーとオプティムス・8Rである。他にも幾つか持っていて、用途に応じて使い分けている。
しかし、バイクで日帰りの釣りに行くときなど、最小限の荷物で済ませたいのでグレゴリィのテイルメイトに全てを入れて行くことが多い。そんなときにウェストバッグに入るのは、たいていボルドバーナーである。こいつはちゃんとしたストウヴとしては最小の部類にランクされると思うけれども、唯一の欠点は五徳が無いことだ。尤も、五徳が無いからこそ、こんな小さな形態が出来たのでもあり、痛し痒しとこれは言える。
で、五徳である。独立した五徳の中で、おそらく最も嵩張らないのがトランクギアのトライアングルスタンドではなかろうか。
本来、同じトランクギア製のアルコールバーナー、TR-B25を使用するために作られた五徳であり、普通のストウヴは中に入れることが難しい。だが、収納形態が厚さ1ミリくらいのアルミ板が3枚でしかなく、組み立てはスリットを合わせて差し込むだけ。荷物としては真に具合が良いのである。
これほど嵩張らない道具が、ボルドバーナーならばほんの少しの加工で(巧くすればストックのままでも)充分使用可能になるのである。それまで、石で組んだり土を掘ったりして、小さな竈を作ってシエラカップを乗せていたのが、一気に解消してしまった。
勿論、本来の用途のとおりトランギアTR-B25アルコールバーナーと組み合わせて使うのも良いし、固形燃料とのセットも良いだろう。
ILLUST
HOME
ご意見・ご感想は中山 蛙までお願いします。PAH02531@nifty.ne.jp
Copyright(C) Kaeru Nakayama All rights reserved.